S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

  

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
     

categories

archives

全国天気予報


-天気予報コム-

アート情報

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.10.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2年ぶりのたんぎゃま

田麦山に2年ぶりに帰りました。遠かった。けれど着けば、なんだかいつものたんぎゃま。
ふるさとはただただ、ありがたい。27夜〜29昼までの滞在でした。

クロスカントリーレースと「秋の自然塾」。田麦山スポーツ振興会はいつも通り元気でした。
自然塾もいつものにぎわい。

田麦山自然塾にて水害の話と大分での生活の話をしました。
話そうとすると予期せずいろいろ込み上げて来てたまらんかった。

体全体が感謝につつまれてほんとたまらんかった。
今、田んぼを中心とした中山間地の生活をしているのも田麦山に出会わなければしていない。

居住する地域を襲った水害(九州北部豪雨)でも、田麦山が結んでくれた縁、自転車が結んでくれた縁で大分にいながら新潟は何処よりも近く胸のなかにありました。メッセージと救援物資はどれほど嬉しく、有り難く、誇りであったか。
水害への多大な救援改めて、本当にありがとうございました。

トレセンランド(2回目のMTBxたんぎゃまではメイン会場になったところ)に立ち、話し進める程、胸がいっぱいで。

たんぎゃまの皆様、森山工業、水落家
えんどうさんとってもありがとうございました!嬉しかった!

父っつぁん回復を祈る!!!

TOKURA



 

はるかなるふるさとへ

休眠状態の本ブログに急にお知らせと言うのも恐縮ですが、
急に田麦山行きが決まりましたので、ご連絡します。

今月27日〜29日田麦山に1年半ぶりにやっとこさたどり着き滞在予定です。嗚呼、はるかなるふるさと。


28日に田麦山クロスカントリーレースと自然塾が催されます。当日大会サポート、スポーツボランティアスタッフ募集もしています。走っている人をサポートするのもまたいいものです。ご一緒にどうですか?

TOKURA






 

2013 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

大変、長らく失礼しております。
そろそろ、ゆっくりとブログを解凍してゆきたいと思います!

たんぎゃまの父「草刈り正夫」もなんとか昨年内に退院できたようで、
何よりホッとしました。

本日、元気な声が聞けました!ヨカッタ!!!

私は山の中で元気に漕いでます。

TOKURA




長岡ランナーズ 東京ラン

大会でビッグサポートいただいています、長岡ランナーズのみなさんが、
一昨年より開催している
「東京ラン」(という名の雪国脱出飲み会)に飲み会から突然お邪魔しました。
ありがとうございました!

その飲み会の様子はこちらです

長岡ランナーズは40年近くの歴史を誇り、文字通り走り続けています。
自分も先輩方の様に将来も自転車で走れたらと憧れを抱きます。

と題するイベントを開催し、中越地震の激震地である田麦山から
東日本大震災の被災者へエールを送ろうと企画されています。

タンデムの試乗会なども併催されるようです。
是非、ご注目下さい。

TOKURA








今世紀はきっと(詩のようなもの)

  
  土を忘れた民と
  それを取り戻そうとする民
  との闘い


我々の母体である土
宇宙空間に勇んで飛び出しても土が無ければ永遠に孤独なSFのまま

土から離れ
土を忘れた
子孫達が

土に見放された

土を汚したるもの
つづく子孫の命を汚すこととなることを
知る

だが、
「私は私が知らなかった事も、罪に問われ、地獄へ堕ちねばならないのか」(中也)

誰が、この自体を知る事ができるのか?

我と我は土を汚した。

戸倉徹













みなさまよいお年を!



心からの感謝を込めまして!!!
いろんな事があっても、なくても悲しくても、辛くても、苦して遠くても
こんな時間があるだけで人生はいいもんだ!
また、大会でみなさんと会える様に祈念し、精進いたします。
来年も、一緒に走りましょう!!!食べましょう!!!

戸倉徹






忘年カーイ 永遠カーイ

 忘れられない年の忘年会。
いきいき田麦山の忘年会に参加してきました。

久々に時間に余裕があったので、鈍行「青春18切符」で越後川口へ。
思えば、去年のブログ記録ではヒッチハイクもしていた様子。
それに比べれば穏やかなたんぎゃま行き。(天候除く)

今年もワイワイと楽しい会でした!いっぱい呑みました。
いつも以上に真っ赤になってしまいました。

いきいき田麦山が出来たのは震災の直後。
震災から年を重ねるごとに村内での存在感を強くしています。
今後もさらに盛り上げていってほしいです。

忘年会の様子はというと、
写真が…。

撮ったのに、笑顔がたくさん入っていたのに置き忘れ〜届け出なしのトホホ。

たんぎゃま行きにつきものの忘れ物発生!
帰りの電車で、今年3回目の重大な遺失物(カメラ)。
財布、携帯、そしてカメラ。小さい物だと眼鏡…。

物への執着からのゲダツでは決してありまへん。
悔しいですが、自分の習性に慣れてしまいました。

それでもたくさんの写真の中の笑顔が…。
記憶はそれでこそ「『私』の永遠に」。





明日は暴風雪なり

 明日は今年最後のたんぎゃま雪。

暴風雪の予報なり。
東京もタイガイに寒い!たんぎゃまはホホー。
電車だとたどり着けないかも。バスにしようか?どしよっかな。

雪が降るのを見るのが楽しみ←こういうと方々から怒られそうだけど。

これは立ちずさんで雪中で。
「ヴェルクマイスターハーモニー」(タル・ベーラ)サントラより

一度やってみたいのですベタだけど…。
移動中の車窓を見ながらがいいかな。
どうした事だろう!1音符ごとに郷愁がこれでもか詰まっている!
I LOVE SNOWMAN

TOKURA


来年の山には

「ゴミを捨てるな!」と言う看板を幼少のときからずいぶんと見て来た気がする。

これも一応一定の効果があるのだろうか?
そんな気もしないではないが、はたして疑問である。

捨てる人は(かまわず)捨てる、という視点に立てば
そんな人たちの心に響く言葉は無いものかと、考えを巡らしてみる。

条件、状況であり、気分であり、習慣で捨ててしまう人たちに言葉で対処など絵空事かと
思えども来年は『(あなたの)ゴミを拾う人あり』と看板に書き立てたいと思っている。

さて、響くか?

でも、そんな事もバカらしくなる程の現状況。
世界中に散らばした捨てっぱなしの核のゴミ、東電と国と甘い蜜を吸って来た方々
は回収してください。詭弁を使い逃れようとしているこれらの人間に響く言葉は?

両方、背負ってどこへ行こ。
TOKURA




たんぎゃまから30km圏内に

 「この下に活断層あり!」と柏崎の原発が建つ前、建設予定地に
関係住民が大々的に書き訴えている、震災後有名になった写真があります。

現在、活断層は認められています。
しかしながら、いまも安全ですと言い続けてきています。


柏崎刈羽原発の半径30km圏内にふるさとたんぎゃまがあります。
みなさんのふるさとがあります。愛する人たちが暮らしています。

原発事故の渦中にあるフクシマであればずっとずっと先祖代々、
暮らしてきた、人を育んできた土地を強制的に移住させられるエリアです。
どれほどの悔しい思いがあるのか。想像が及ばない、
胸が張り裂けそうな現実を日々忘れず宿す様にしています。

もちろん柏崎だけではなく、全国に54基(以上)もあるのです。
愛するふるさとを守る為に、やらねばならない事は、ひどくたくさんありそうです。

4月のブログから再びの

最近知った


この土地の政府が戦後すぐ今後のエネルギーを考えたときに出した答えは水力発電でした。
国土のほとんどを森に覆われた土地、今考えても至極真っ当な見当だったと思います。
しかし、戦争に負けた国です。アメリカ製の原発を買わされました。
模倣して造りました。超の付く地震大国なのに。被爆国なのに。
犬のような首相達が引き継ぎ続けて今日のこの現状を迎えています。
この今も。人として生きてほしいものです。

…そんな電力をあなたは使ってきたではないか?
とご指摘される方もいるでしょう。

当然、私には使って生きてきた責任があります。未来に対しても。
罪は…未来の人に裁いてもらいます。
むしろ、この現状を前に、対処や行動が起こせないなら、
自分には罪があると思っています。

これまで我々は電気は買うところを選べずに来ています。
本来、自由通行で無くては行けないはずの電気の道である送電線が
1企業の独占状態にあります。選択肢が無いのです。
まずはここからなんだが…と、いえども、自分の出来るところで
ションベンアタックをしてゆくつもり。

TOKURA












| 1/19PAGES | >>